買い物カゴをみる 新規会員登録&マイページへ ご利用案内 お問い合せ クチコミ サイトマップ
RSS

TOPへ戻る ORAC値とは 3つのこだわり 飲み方 粉茶を使ったおすすめレシピ クチコミをみる

べにふうき粉末緑茶

おかげさまで、今まで320万本以上のべにふうきスティックを販売。

感謝の気持ちをこめて、アルミパック40g をなんと25%増量もしちゃいました! 

緑茶仕立てべにふうき50本→オーラック緑茶べにふうき60本へ

もちろんお値段変わりません!太っ腹の増量♪

増量分だけでも1〜2週間はしのげますよね(^^♪本当にお得です。

そして 暑っーい夏は、冷たいペットボトルで シャカシャカ !!

秋〜冬は ほっと1杯 ちょっと濃いめで ふぅ〜♪

1.2gスティックを持ち歩けば、いつでもどこでも美味しいお茶が飲めます♪ そしてご自宅でも(^^♪

もちろん花粉対策にも、べにふうきが大活躍。夏のうちからの早目が肝心 !

社内の花粉症者の体験をまとめてもやはり1ヶ月〜1週間ぐらい早めから飲んでおくと、実際辛さがぜんぜん違う様です。

初めての方、今まで辛いときしか飲んでなかった方。ぜひ試してみてください。

薬は眠くなるし、のどが渇くし、結構たいへん。薬代もバカになりませんしね。

でも、粉べにふうき茶なら、美味しくて、安くて、眠くならない。のどの渇きで悩むこともありませんね。

ついでに、お茶成分で体を酸化(老化や疲労)から守れます。 

初めての方は、まずは、スティックからお試しください。

新発売 !       新発売!      新発売!

                           

べにふうき50gアルミパック 緑茶仕立てべにふうき1.2g10包↑ ↑オーラック緑茶べにふうき1.2g60包↑

たっぷり65本! メチル化カテキン   メチル化カテキン べにふうき       

↑0.6gスティック65本↑ ↑0.6gスティック25本↑  

☆おススメNo.1☆       ☆お試しに☆  

『べにふうき』『緑茶仕立てべにふうき』の違いは?

 両方とも原料のべにふうき茶葉は同じ。違いは製法にあるのです。

 ●『べにふうき』

  シーマ製法で作られた粉末緑茶。

  水蒸気を再加熱し200℃以上になった加湿熱風を、べにふうき生葉に当て、密閉された釜で一気に炒り蒸します。香ばしく甘みの強いさっぱりとしたお茶になります。

 ●『緑茶仕立てべにふうき』

  緑茶の製法で作られた粉末緑茶。

  普通のお茶と同じ様に摘み取られた生茶は新鮮なまますぐに熱処理(蒸す・炒る)され、乾燥状態の荒茶になり、形状を整えたり、火入れをして香味のバランスをとり仕上げ茶になったお茶です。べにふうきより緑茶っぽい感じです。

※どちらでもメチル化カテキンの量は変わりません。

色・味が少し違いますので、飲みやすいほう(お好きなお茶)をお選びください。

べにふうき茶についてはもっと知りたい方は、下記のページもご覧ください。

  1. メチル化カテキンとは?
  2. 粉茶の特徴は?超微粉末って何?
  3. 飲み方が知りたい。
  4. 緑茶の『抗酸化力(ORAC値)』って何?
  5. 使ってるお茶は安全ですか?
  6. お茶を使ったレシピ

トップページへ(http://www.konacha.jp/