買い物カゴをみる 新規会員登録&マイページへ ご利用案内 お問い合せ クチコミ サイトマップ
RSS

TOPへ戻る ORAC値とは 3つのこだわり 飲み方 粉茶を使ったおすすめレシピ クチコミをみる

お店案内

■ 粉屋について

IBX 外観 

私達『粉屋』は、工業製品のドリルを作る技術をお茶に応用しています。

ドリルをより硬く精密に作る為に、親会社のやまと興業では、鉄を細かな粉にして固める方法を採用しています。その時、粉が細かければ細かいほど質のいいドリルが出来上がります。

さらに、鉄は酸化しやすく、粉にする事で、酸化が一気に進み錆びてしまいます。そんな素材を固めてもいいドリルは作れません。
そこで、無酸化状態で、ミクロ〜ナノサイズの粉にする特殊技術機械を開発。

世界に誇るドリルを製造しています。

その特殊技術を私達のふるさと静岡県の名産、『緑茶』に応用。
食品もまた酸化は大敵です。
無酸化状態で粉にする事で、お茶の品質・栄養価そのままで、お届けできます。
さらに、超微粒子にする事で、緑茶の持つ抗酸化作用を最大限に引き出す事ができ、ガンや生活習慣病、老化の原因とされる活性酸素を抑える抗酸化物質が効率よく摂取出来るようになりました。
細かく加工したことにより、お茶の豊富な栄養が体内ですばやく吸収され、体の糧となります。

*ドリルを作る機械とは別に食品用の製粉機械でお茶を粉にしています。
また、緑茶製造場所は社内でも限られた人しか入れない衛生上安全な環境下で製粉しております。ご安心下さい。


■ 使用茶葉について

私達『粉屋』は粉の品質にトコトンこだわれます。

私達の粉茶はただでさえ、吸収率がいいわけですから、お茶の品質に問題があればそれこそ体に悪い製品になってしまいます。

私達の品質へのこだわりを理解してもらった地元の減農茶葉農家と直接契約をする事で、お茶屋さんと同じ様に、またはお茶屋さん以上にお茶にもこだわりを持って仕入れています。

直接契約だから出来る品質・販売量・そして価格。
全てにおいて極上品質でお届けします。

低農薬茶葉農家と直接契約

■ 製粉の可能性

ドリル製品への情熱が、特殊な技術を生み、その技術が『お茶』という今までと違う分野の可能性を生み出しました。

これにより、いちごやみかんなどの特産品を粉にし、更なる特産品の飛躍に繋げたり、わさびや大葉などの生では日持ちしにくい食品を粉にし、無添加の新しい調味料へ転用したりと、製粉の新しい道が開いています。

ただの粉ならどこでも作れますが、無酸化状態の超微粒子粉末は、私達の技術・歴史そのものです。

これからも、製粉の持つ可能性をさらに広げ、このネットショップを通じて全国・全世界の皆様にお届けできたらと思っています。

OEMも承っております。お気軽にご相談下さい。

茶葉の品質にも、粉の品質にもこだわった粉茶